へいわの健康情報

へいわの健康情報 · 2021/01/13
こんなニュースもあるんですね。 最後は自己責任。判断力を磨くために日々学びですね。

へいわの健康情報 · 2021/01/07
内閣府のホームページです。 面白いですね。2030年、2050年。ちゃんと目標が決まっているんですね。これを知っていれば今の社会状況は決して偶然でない様に思えてきますね。 考えることの大切さを痛感する事実です。 興味がある方は自分で調べてみてください。興味がなければ無視でもいいと思います。ただの事実です。

へいわの健康情報 · 2020/12/31
今年最後のパーソナルトレーニング(個人運動指導)が終わりました! まあ、素晴らしい進化をされましたね! 「膝が痛くて歩けない。どうにかならないか。」とご家族からご相談をいただき、施術をさせていただく際にベッドに横になるのも一苦労だったご婦人がここまで体力を向上させるとは・・・。...

へいわの健康情報 · 2020/12/15
私の主食とも言える「ナッツ」。スーパーに行くと様々な価格のものが並んでいますね。私は命を大切にするので、食品表示をよく見る習慣があるのですが、ここにもちゃんと法則がありますね。「ナッツはナッツ」です。当たり前ですね。アーモンドはアーモンドが入っていればそれでいいのです。ここで食品表示を見てみます。すると余計なものが入ってくると価格は下がる事に氣がつきます。何でですかね。考えてみましょう。あらゆる物に当てはまる素晴らしい法則に氣がつけば、健康に大きく近づくことになりますね。その法則を知った上で世の中を見渡すと、まあ見事に法則通りになっていますよ。善因善果、悪因悪果です。すべてなるべくしてそうなっています。

へいわの健康情報 · 2020/12/13
ズバリ、ビタミンCが入っているからです。氣になったらラベルを見てみましょう。ビタミンCは酸化しやすい性質があり、お茶より先にビタミンCが酸化されて壊れるからお茶の酸化が遅れます。ペットボトルのお茶のラベルに書いてある「ビタミンC」は「よっしゃ〜!!!ビタミンCが摂れるぜ!」という類のものではなくお茶の酸化の身代わりです。何だか悲しいビタミンCなのです。おかげでお茶が茶色く変色することがないのです。お茶が茶色にならない・・・響きに違和感を感じてしまいます。我々がビタミンCを必要とする理由もお茶から学べますね。

へいわの健康情報 · 2020/12/05
「美」と「栄養」は密接に関係しています。当院で全ての患者さんに一度はお勧めするようにしている人体に必須のミネラル「マグネシウム」。当院で定期購入されている方も多くいらっしゃいますが、また女性美容誌に掲載されました。...

へいわの健康情報 · 2020/11/25
大変強烈な表現ですが、院長の本音です。あえてこのように強く表現させていただく事をお許しください。上記のような発言をされる方がもし来院された場合、直接このようにお返事をさせていただくことにしています。「食」に対する認識がこの程度であれば、健康状態の維持・向上など不可能。様々な実例を実際に拝見させていただいた経験により確信を持って言い切れるため、必ず言い切らせていただきます。上記のような認識では危険です。 「原因不明の体調不良」という単語を耳にする事がよくあります。医療に携わる生活をしているので当然と言えば当然ですが、果たしてそれは本当に「原因不明」なのでしょうか。多くの場合、何故こんなことになったのか「自分には解らない=原因不明」と感情を整理しているだけで、原因が無いわけではありません。そこで、「専門家」と言われる人に尋ねたとしても、他人の体調不良の原因を完全に言い当てる人など皆無でしょう。体調不良の原因として確実に言えるのは「自分自身の今までの生活の中の何かである」・・・ということだけです。そうであるならば、自分の身体にとって毎日直接影響を及ぼしている「食」というものに対して、関心を持つということの大切さがわかると思います。「売っているから安全」というのは勝手な消費者側の心理であり「安全であって欲しい」というただの願望です。例えば、食品の安全基準が「即座に命がその場で奪われることはない」という基準であれば、「毎日食べていれば3年後、80%の人にある病氣が発症する」という食品は「安全な食品」として世に出てきます。食べてすぐに命がなくならないので「基準」をクリアしてしまうのです。この例えはわかりやすくするためにあえて極端に表現させていただきましたが、自分が日頃摂取している食品について「スーパーで売っているから安全」という思い込みは危険であるという警鐘を鳴らさせていただきます。「基準」がおかしければ、おかしなものが世の中に出てくる可能性は十分にあるのです。私も学生時代、スーパーでアルバイトをしていた事があるので、仕入れ担当の方が「悪いもの」をわざわざ仕入れているなどとは思いません。しかし、知らないだけで、製造過程において人体に有害な物質が含まれている食品が並んでいる事があるという事実を知っておきましょう。「食」が乱れれば確実に「健康」は脅かされます。「食」について学ぶ事。命に直結する学び。これほど有益な学びはありません。少しずつ学んでいきましょうね。世の中、知らない事だらけです。

へいわの健康情報 · 2020/11/21
健やかな人生には「運動・栄養・休養」のバランスが大切である。開院当初よりお伝えし続けている予防医学の根幹です。今回は「栄養」の部分での小話です。「栄養」と聞くと多くの方が「炭水化物、脂質、タンパク質!」と反射的に答えられるほどこの3つはメジャーになっている感じがします。しかし、「ミネラル」というとまだピンとこない感じなのよねぇ・・・という方が多いのも事実。過去には「マグネシウムって鉄じゃろ!」と言われた事もありました。そのとき「いや、マグネシウムはマグネシウムです。鉄は鉄です。」と言ったか、心の中で呟いたかは覚えていません。当院では積極的なマグネシウム摂取の重要性について事あるごとにお伝えさせていただいております。プロスポーツ、代表クラスのチームでどのような例があったかなどを実例を挙げて説明させていただく事も当院の日常です。マグネシウムは我々が生きていく過程において欠かすことの出来ない「必須ミネラル」と言われるものに分類されます。この分類に属するものが体内で全く無くなれば我々は生きていけません。極端な表現でも何でもなく事実です。このようなものの摂取が出来ているかどうか。自分自身の食生活を見直してみること。これは非常に大切です。また日常の食事の内容によっては体内の必須ミネラルを過度に消費してしまうようなものも現代社会では多々存在します。いわゆるジャンクフードなどはその代表格と言えます。スーパーで普通に販売されているものの中にもそのようなものが多くあるのが現代です。まずその認識を持ち日常生活を送る。そして、より良い体内環境を作るために学び、実践する。そうすることで自分の力で「免疫力」を向上させる意識を持ってください。身体の回復力の土台は日頃の食事である。これは言い過ぎでも何でもありません。食事が悪ければ、体調も悪くなる。必然の因果の法則です。

へいわの健康情報 · 2020/11/17
「私はこれから何でこれを食べるんだろう?」自分に対してこの問いかけを「食べる」という行為をする前に必ずするようにしてみましょう。ポイントは2点です。 1.本当に空腹だから「食べる」 これは純粋な栄養摂取のための食事。とても大切です。どんな栄養を摂るのかを意識してしっかり食べて下さい。 2.精神的な何かを埋めるための手段として「食べる」...