目標に向かって。

皆さん、こんにちは!

 

今日はフィギュアスケーターのSさんがトレーニングに来院されました。

 

彼女が小さな時から定期的にトレーニングに来られている選手です。最近はトレーニングに対する集中力も高くなり、さすが中学生!と言った感じです。(^^♪

 

彼女の変化は年齢的なものというよりは

 

「自分の目標が明確になった」

 

ということのほうが大きい感じがしています。

 

目標が明確になれば、そこから逆算して考える思考が生まれ、「今」自分が何をするべきかという行動の選択が根拠のあるものとなります。

 

そういった思考から生まれてくる質問の質は当然高くなり、質問を受ける側としてもその選手が「今」何を求めているのかということが掴みやすくなります。

 

自分の克服するべき課題、試合までに残された期間、それまでに行われる競技練習のスケジュール、競技練習以外のトレーニングにかけられる時間という資源、疲労の過度な蓄積に対する配慮・・・等々、様々なことを思考するようになってきているのだなぁと感じる事が多くなってきました。これはトレーニングを指導する者にとっては嬉しい変化です。(^^♪

 

様々な事を学び、自分の感覚との対話を重視した上で行動を選択していく。

 

自分という存在が唯一無二である以上、自分の進む道を決められるのは自分だけです。

 

周りの方々に支えられているということを心の芯におき、一歩一歩進んでほしいと思います。頑張れ!(^_^)v