休日ぶらりぶらり。

今日は映画の帰りの丸善で気になる詩に出会った。


宮沢賢治の「岩手山」という詩。


心の持ちようで目に映る景色は真逆の印象を持つものとなりうる。


人間の心理の奥深さを感じる詩。



この事を普段から少し心の片隅に留めておけば


何かの原因で調子が悪いときでも


「今」はこう見えているだけ。


このように思える心の余裕が生まれるかもしれませんね。(^^)v



あ~・・・この字。「美」の欠片もないから「個性」と呼ぶ。


「今」はこう見えているだけ。(^-^;