出し切る。

新記録達成!

 

きっちり前回のリベンジを果たしましたね!素晴らしいです!(^_^)v

 

トレーニングに向かう姿勢が真っすぐになってきています。集中力の方向が定まってきた感じとでも言いましょうか。

 

レベルアップは自分との闘いに勝った時だけ訪れる。

 

このことに気がつき、しっかり自覚できている選手は着実にレベルアップします。

 

他人との戦いも大切な要素なのですが、まず「自分と闘う」という基礎のモチベーションが定まっていなければ、「弱い相手」を対戦相手に選び、その相手に勝つことで満足してしまうという「無駄」が発生します。

 

その点、自分との戦いは強くならなければ絶対に「満足」は得られません。相手はいつも「過去最高の自分」です。

 

それを乗り越えるために日々努力を積み重ねて結果を出していく。

 

思うように結果が出ないときもあるでしょう。

 

そんな時でも「どうすればよいのか?」という自分自身に対する問いかけを続けること。

 

また、競技スポーツはどんなに努力しても自分より強い選手がいれば負けるのです。

 

平昌オリンピックを見ていてもわかりますよね。いかに金メダルを取るのが大変か。

 

競技が終わった後にどんな結果が出たとしても

 

「自分のやれることはやった。」

 

こんな心境になれるほどの積み重ねが出来れば充実の競技生活を送れると思います。

 

 

「自分のやれることはやった。」

 

私自身、こんな心境になれたことはいまだにありません。

 

様々な自問自答を繰り返し、様々な事を日々実践しながらこのような心境になれた時、

 

もしかしたらスーパーサイヤ人になっているかもしれませんね。(^_^)v

 

 

 


新記録達成!

 

前回に引き続きの記録更新ですね!

素晴らしい!(^_^)v

 

やはり心の向きが目標の方へ向いてきていますね。

 

連続の記録更新。

 

本来はなかなか起こる事ではありません。

 

今まで自分の持っている本当の力を出し切れていなかったということです。

 

やっとスタートラインに立ちました。

 

「アスリートとして自分を高めるためにトレーニングに向かう」という精神が出来上がりつつあります。

 

大変大きな成長です。(^^♪

 

「強くなるために」・「自分のために」・「チームのために」

 

この精神の中に「しんどいからやめておこうかな・・・」などというものはありません。

 

「自分が強くなるためにやるべきことをやる。」

 

このような雰囲気がここ数回のトレーニングを見ているとオーラのように出ています。

 

甘えの無くなったいい顔をしています。

 

 

これからが本当の戦いですね。

 

毎回全力が出るようになれば、記録更新も頻繁には起こらなくなってきます。

 

どうして記録が出ないんだ!どうして結果が出ないんだ!

 

と思い悔しい思いをすることもあるでしょう。

 

そんな時に心を支えるのは「自分のやれることはやった。」

 

という自分に対する偽りのない気持ちです。

 

整骨院の玄関に貼っているポスターがありますよね。

 

しっかり心に刻んで頑張って下さい。楽しみにしています。(^_^)v