さあ、次へ進もう!

さあ、今日も元氣にトレーニング!

 

…といきたかったところですが、

 

ちょっと雰囲気に違和感があったのでその違和感を尋ねてみたらやっぱりそうでした。

 

色々話をしているうちに表情が本来の柔らかさを取り戻してきたので安心しました。

 

前を向いたいい表情になってきたので、容赦なく地獄のトレーニングをしていただきました。(^_^)v

 

 

心と体の関係はスポーツに限らずとても大切な要素です。本能だけで生きている動物にはない人間特有の感覚なのではないでしょうか。

 

「自分の感情にちゃんと向き合う。」

 

言葉で言うことは簡単ですが、意外と難しいのです。

 

自分の感情をごまかさず、完璧に向き合っている人間がこの世にいるのか…?

 

感情なんか「言葉」ですべて表現できるわけがない。

 

「言葉」にした瞬間にその「言葉」以外の事は「ない」ことになってしまうから。

 

「ある」のに表現できない事も感情には多々あると思います。

 

だから「感じる」ということが大切だといわれるのですね。

 

 

すぐに解決できることと、そうでないこと。

いろいろとありますが、まずは「向き合う」というところが大切だと思います。

 

「向き合いたくない」そんな時期もあって当然。

 

そんな時は無理に向き合わなくてもいいでしょう。

 

自分で「向き合っていないよな・・・」と自覚していれば問題ないです。

 

そんな時は「前にすすんでいないよな・・・」と自分でもわかっているはず。

 

周りの人間に「自分の感情と向き合いなさい!」と言われても大きなお世話。

 

自分のペースがあるのです。

 

でも、次に進みたいなら「向き合うしかない」

 

これだけですね。(^_^)v

 

 

前に進めそうな雰囲気で玄関を出て行かれたので安心しました。

 

さあ、次も地獄のメニューが待ってます!(^_^)v