ちょっときつめがおススメ。

ちょっと負荷を上げてみようかなぁ。

 

こんな言葉がトレーニングスペースから聞こえてきました。

 

ストイック!素晴らしい!(^^♪

 

トレーニングに慣れてきたら負荷を上げていく。これは「漸増負荷の原則」というトレーニングの原則に基づいており、当院でもこれを推奨しております。

 

トレーニングを重ねていくと、筋肉の持っている力が向上し、同じトレーニングに対しては物足りなさを感じるようになります。

 

そのような状態で同じトレーニングを続けていると筋肉に対する負荷が不足してくるため、思ったほどトレーニング効果が上がらないという状態が必ず訪れます。

 

現状の筋肉の状態で「満足」ならばそれで問題はありません。実際に身体をこれ以上大きくしたくないから負荷を上げないという身体の作り方をされる方もいらっしゃいます。

 

しかし、筋肉の状態をより向上させようと思うならば

 

今の自分の筋肉の状態に対して「過負荷」となる負荷をかけること。

 

これがポイントとなってきます。

 

負荷の軽い動作の繰り返しでも筋肉の収縮弛緩は行われるため、血行改善をはじめとした各種健康増進効果はありますが、明らかな筋力・持久力などの向上は起こりません。

 

目的を明確にしてトレーニングを組み立てるというのは、生理学的にどのような負荷をかける事で身体がどのように変化するのかという理論に基づいてのものなのです。

 

皆さんのモチベーションの高さはいつ見ても気持ちが良いです!(^_^)v


よいしゃ!ん~~~…限界!(>_<)

 

自分に厳しく追い込んでいらっしゃいます。さすが剣士。(^_-)-☆

 

モチベーションの高い方の発する「氣」は周囲に伝わります!

 

よい「氣」をありがとうございます!(^_^)v