継続は力なり。

またよろしくお願いします。

今日も幸せでした!(^_^)v

 

有難いお言葉を残して先ほどお帰りになりました。

 

怪我から復活し、トレーニングを重ねられているSさんです。

 

姿勢が良くなりましたね。(^^♪

 

以前撮影させていただいた写真と比べてみても若々しい印象になっています。

 

「継続は力なり。」

 

お迎えのタクシーを待っている間にこの言葉についてお話しさせていただきました。

 

「何事も続けていればそれが力になる。」

 

というよく知られた言葉です。

 

それはわかっているんだけど、何事に対しても「継続」ということが「なかなか難しい」と考えている方が多いのも事実です。

 

 

人生の時間が有限である以上、すべてのことを「継続」することは出来ません。

 

「何を継続するのか。」

 

「何のために継続するのか。」

 

このことを明確にしてスタートすれば「継続」ということに「覚悟」が生まれます。

 

〇 ご自身の健康状態をよりよいものにするため。

 

〇 一日一日を健やかに過ごすため。

 

〇 様々な人に会い、刺激を受けながら人生を全うするため。

 

このような「何のために」の部分が明確であれば、「継続」は「忍耐」ではなくなります。

 

「継続」が「忍耐」になっている場合は精神的に「苦痛」も伴うでしょう。

 

そのような状態でトレーニングを継続することは不可能です。

 

精神衛生上もよくないです。

 

それならばしないほうがいいのです。

 

ただトレーニングをすることで得られるものは当然のことながら得られません。

 

 

私はトレーニングをされるあらゆる年代の方に「目的を明確に」とお伝えしています。

 

なぜか?

 

それは「トレーニング」というものが必ず「自発的なものでなくてはならない。」

 

この信念があるからです。

 

目的地も見えていないのにスタートすることなど出来ないのです。

 

そして「継続」はさせられるものではなく、自分でするものなのです。

 

 

「覚悟」のある方とのお話はいつも刺激的です。(^_^)v

 

 

 

<参考>

 

2月に撮影させていただいたお写真です。

 

本日撮影させていただいたものと比べてみると変化がわかりやすいですね。

 

「継続は力なり。」(^_^)v