パーソナルトレーニング。

本日はジュニアフィギュアスケート選手がパーソナルトレーニングに来院されました!

 

選手のお母さんからパーソナルトレーニングについての要望を詳しくお聞きしていたため、予めスライドを作成し、それに基づいて講義と実技講習をさせていただきました。

 

選手には必ず最初にカウンセリングとして簡単な質問票に記入をしていただきます。

 

この質問票だけでも日常の改善できそうな点がいくつか見つかったので、今後の競技レベルの向上につなげていただければと思います。帰ってすぐ実践できることもありましたね!

 

トレーニングの理論を知っていれば、現場でコーチが授けて下さる貴重な教えを正確に噛み砕くことができます。

 

「学び、そして実践する。」これが大切です。

 

運動の場合、学びが無く、いきなり実践ではフォームが崩れた時に修正が出来ません。

 

学びがあれば、自分がこれから行うことに対して「なぜ」を一度問い、自分で答えを出しているため修正が可能なばかりか、動作の繰り返しによって改善も可能となります。

 

同じトレーニングメニューでもバリエーションを変えれば、得られる効果は全く違ったものになる。その効果を理解した上でトレーニングに「貴重な」時間を投資する。

 

この感覚をジュニア世代で身につけておけば、日々の練習がより質の高いものになります。

 

練習後の疲れの溜まった時間帯での来院でしたが、親御さんともども熱心に講義に耳を傾けて下さり、また実技も笑顔で実践していただき、良い時間を共有させていただきました。

 

何か現場で活かせる知識や経験を持って帰っていただけたなら幸いです。

 

本日はありがとうございました。