運動・運動・運動・運動。

さあ、本日から身体創り開始です!(^^♪

 

開院当初より

 

「運動・運動・運動・運動…」

 

と連呼し続けてまいりましたが、まだまだ「運動がいかに大切か」ということが伝わった実感が乏しいのが現状です。(^-^;

 

そんな中、一人、また一人と

 

「自分の身体は自分で創らないといけないと思うわ!」

 

「しんどいし、めんどくさいと思うことは正直なところあるけれど、自分のことじゃからな。頑張るわ!」

 

「運動をしているときはしんどいけど、日常生活が楽になってるんよ。」

 

というような共感や、運動の効果を実感されているという声をいただくことがだんだんと増えてきています。

 

有難いお言葉に感謝するとともに、多少なりとも貢献させていただいているという実感がわいてきております。

 

 

怪我が治ったらそれをキッカケにして「怪我をしないために身体創りをする。」

 

そして普段の生活の中で「運動」が特別な事ではなく、

 

「当たり前」のことになる。

 

 

このような変化が皆さんに起これば、当院の存在する意味があると考えています。

 

怪我や病気にならなければ、「治療」は必要ないのです。

 

 

怪我人は当然治療が必要です。しかし理想は「怪我をしないこと」だと思うのです。

 

 

ご家族が「病気」・「怪我」で辛い思いをしているんです。

 

というお話を施術中に患者さんから聞かせていただくことがあります。

 

 

そのたびに

 

「予防」というものに対する意識をもっと高めるべきである。

 

この思いを強くしている毎日です。

 

 

私は「運動」の連呼をやめるつもりはありません。(^_-)-☆