初めてのトレーニング。

調子の悪かったパソコンが復活しました。(^-^;

 

昨日の様子を少しだけ紹介させていただきます。

 

新たにトレーニングをしたい!というモチベーションの高いY選手が来院されました。

 

トレーニングを始めるにあたり、「トレーニングの目的は何なのか」・「今、どのくらいの体力があるのか」ということがわからなければメニューの設定が出来ないためまずはカウンセリングと体力測定をさせていただきました。

 

カウンセリングと体力測定の後の体験トレーニングを行う姿から「負けず嫌い」がにじみ出ていましたね。とても良いことだと思います。(^_-)-☆

 

トレーニングは目的を意識して、フォームに注意を払う事。

 

それぞれのトレーニングにはすべて「意味」があります。

 

なぜこのトレーニングをしているのか。この答えをきちんと持つこと。

 

ジュニアの内にこの感覚を「当たり前」にしていきましょう!(^_^)v

 


新記録達成!(^^♪

 

全くダメだった前回の帰りがけに約束したことをしっかり守って一週間を過ごしたのですね。素晴らしい!

 

努力は結果として表れる時もあれば、そうならない時もあります。

 

競技スポーツは本番では「結果」を求められます。

 

しかし練習での「試験」は結果に一喜一憂する必要はありません。

 

大切なのは自分が前に進んでいる感覚だと思います。

 

前に進むための努力をして「試験」に臨んだかどうか。心の準備も当然含まれます。

 

努力も準備もせずに「結果」が出ないのは「当たり前」。

 

悔しがる資格もありません。

 

 

 

「努力して結果が出る。結果が出ない日も乗り越えた後に結果が出る。」

 

今回のようなことを何度も何度も繰り返して初めて「自信」がつくのだと思います。

 

 

 

一緒の時間にトレーニングしていた社会人のお兄さんが

 

「K君のトレーニングに向かう姿勢に刺激を受けました!」

 

と言っていましたよ。

 

 

前向きな雰囲気の人の周りには必ず前向きな空気が流れます。

 

昨日はその空気をK君が作りました。よく頑張りました!(^_^)v