怪我の治療。(保険施術・交通事故)

日常生活において不慮の事故は避けられないものです。

 

〇階段から落ちて腰を強打してしまった。

 

〇農作業中にぎっくり腰になってしまった。

 

〇サッカーの試合で足首を捻ってしまった。

 

様々な原因で私たちは怪我をしてしまいます。望んでもいないのに。

 

そのような怪我をしてしまった方はまず治療が必要です。

 

 

<大まかな施術の流れ>

 

① まず最初に症状を聞かせていただき、負傷部位の状況を確認させていただきます。

 

② その負傷部位に対して各種施術を行い症状を治癒へ近づけていきます。

 

 

どのような動作をしたら痛いのか?

 

一日の中でどのようなタイミングで痛くなるのか?

 

症状は刻一刻と変化するため、様々な事を毎回お聞きしながら施術を進めてまいります。

 

 

健康保険の適用には「負傷原因」があることが条件です。

 

「なんとなく肩が凝っている」というような曖昧な症状は怪我ではないため健康保険は適用されません。また、保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中のものや、労災保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷も保険適用となりません。

 

 


当院では交通事故で負傷された方に対する施術も行っています。

 

交通事故治療は自賠責保険による治療を取り扱っています。したがって患者さんが窓口で治療費や診断書料を負担することは一切ありません。


保険請求事務手続きは当院が責任を持って対応処理いたします。

 

交通事故にあってしまった時は、以下のような届け出・手続きの流れとなります。

 

 

事故発生


① まず、警察と加害者の保険会社への連絡をして下さい。
被害者ご自身も自動車保険等に加入している場合には、ご自身の保険会社への連絡もお忘れなく。
加害者の運転免許証を見せてもらい、住所、氏名を確認。
車のナンバーも必ず控えておきましょう。

 

 

② 当院、もしくは医療機関に受診し、病院にて診断書を発行してもらいます。
”大したことはない”と思っていても、意外に重症である場合もあります。軽いケガだと思って放っておくと、後々痛みや痺れなどの症状が出てくることも少なくありません。

 

 

③ 診断書を管轄の警察署に提出して下さい。
事故発生場所の管轄警察署へ行き人身事故扱いにしてもらって下さい。
これをしないとその交通事故は物損のみの事故扱いになってしまう場合があります。

 

④ 加害者の保険会社から連絡があったら、保険会社の担当に通院(入院)する医院、整骨院を伝えて下さい。その後当院へ加害者の保険会社から被害者の患者さんが通院される旨のご連絡をいただき、当院での施術が開始となります。

 

 

実は私も数年前に追突事故の被害者となった交通事故被害経験者です。(^-^;

 

なんともいえない「普通でない感覚」にしばらく悩まされました。


あのようなつらい痛みからは一日も早く解放されてほしい。

 

患者さんの症状に合った治療方法で施術を行い、患者さんの症状が治癒に向かうよう力を尽くします。