怪我の治療。(保険施術・交通事故)

日常生活において不慮の事故は避けられないものです。

 

〇階段から落ちて腰を強打してしまった。

 

〇農作業中にぎっくり腰になってしまった。

 

〇サッカーの試合で足首を捻ってしまった。

 

様々な原因で私たちは怪我をしてしまいます。望んでもいないのに。

 

そのような怪我をしてしまった方はまず治療が必要です。

 

 

<大まかな施術の流れ>

 

① まず最初に症状を聞かせていただき、負傷部位の状況を確認させていただきます。

 

② その負傷部位に対して各種施術を行い症状を治癒へ近づけていきます。

 

 

どのような動作をしたら痛いのか?

 

一日の中でどのようなタイミングで痛くなるのか?

 

症状は刻一刻と変化するため、様々な事を毎回お聞きしながら施術を進めてまいります。

 

 

健康保険の適用には「負傷原因」があることが条件です。

 

「なんとなく肩が凝っている」というような曖昧な症状は怪我ではないため健康保険は適用されません。また、保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中のものや、労災保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷も保険適用となりません。