良き日でした。

本日トレーニングで来院されたある選手に

 

「先生。いままで全く勝てなかった選手に勝つことが出来ました。」

 

嬉しそうな表情を浮かべ、控えめな口調でこのような報告をいただきました。

 

その場にいらっしゃった一般のトレーニングで来院されている方々も、当院でのその選手のトレーニングの過酷さは目にされていたので

 

「よかったな!」

 

と嬉しそうな微笑みを浮かべて談笑されておりました。

 

結果に一喜一憂することはあまりよいこととは言われません。

 

しかし、日頃の努力の積み重ねの結果がよい結果であった場合は「偶然」ではない。

 

「勝つべくして勝った」

 

このことを素直に喜べばいいし、

 

そういう経験を積み重ねて自信をつけていくのだと思います。

 

これからが楽しみですね!本気で競技に取り組む選手は必ず強くなります。(^^)v


午前中に来院された80代のおばあちゃん。

 

「家でじっとしていても仕方がないからトレーニングにきたわ。」

 

こうおっしゃって、少しずつご自身に出来るトレーニングメニューを消化されていました。

 

転倒予防のための「頭を使うステップトレーニング」の際には、

 

周りでトレーニングされている方々から達成の拍手が送られていましたね。

 

みんなが前向きな雰囲気。

 

こんな雰囲気がいいですね。共存共栄。

 

お互いがお互いを刺激しあい共に成長していくような雰囲気。大好きです。(^^)v