水曜午前はトレーニングと全身調整のみ。

第6回 TrainingWednesday


令和元年11月6日(水)

第6回トレーニングウェンズデーが無事に終了いたしました。

 

本日も無事にトレーニングウエンズデーを開催させていただきました。

 

本日のテーマは「意識と動作」でした。

 

トレーニングを行うにあたって何を目的として行うのかという「目的意識」。

 

実際にトレーニングを行う際に自分の身体をどのように捉えるかという「身体意識」。

 

言葉一つで「意識」と言っても様々な性質のものがあります。

 

 

「目的意識」を持ってトレーニングに向かっていただくことは最重要事項であるため、再々その大切さをお伝えさせていただいています。そのかいあって、皆さんの「目的意識を持ってトレーニングを行う 」という姿勢が定着してきたため、本日は具体的に目的別のトレーニング方法を少しずつ指導させていただきました。

 

また各トレーニングでどのような事を意識するのかという「身体意識」にも注意を向けていただき、見た目には同じような動作でも意識によって内面の感じ方が全く違うという所にまで意識を持っていただくように実技を交えながらお話をさせていただきました。

 

何でもかんでも「重たいもの」をただ持ち上げるようなトレーニングは必要ないのです。

 

重りを持ち上げる競技をしている人は重りを持ち上げる必要がありますよ。それが「目的」ですから。

 

日常生活動作における皆さんそれぞれの運動の癖とその癖を生み出している原因の筋肉の収縮の仕方や、アンバランスな身体の整え方を知る事で、自分の身体はより質の高い状態に保つことが可能です。集団で指導させていただくことで参加者の皆さんが自分以外の人の動きを観察し、自分自身の動作改善のためのフィードバックを得られることはトレーニングウエンズデーの良いところですね。

 

本日は脂肪燃焼コースを始めに行い、そのあとに脂肪燃焼の為の運動を行うという「脂肪燃焼」に特化したトレーニングをされた方もいらっしゃいました。「目的意識」が明確だと、行動が極めてシンプルになりますね。勉強になりました。

 

本日はお話をさせていただきながら、講義形式ではなくほとんど実技でしたね。

 

ハードワークだったと思います。お疲れ様でした。

 

ありがとうございました。

 

<本日の短時間講義の記録>

 

〇腰部の筋肉の使われ方と身体感覚

 

第5回 TrainingWednesday


令和元年10月30日(水)

第5回トレーニングウェンズデーが無事に終了いたしました。

 

本日も無事にトレーニングウエンズデーを開催させていただきました。

 

本日のテーマは「腹筋と脂肪燃焼」でした。

 

今日は皆さんの視線が痛かったです。(^-^;

スタッフも一生懸命講義を聞いてくれていたので、腹筋講義中の写真がありません。(^-^;

 

いかに注目を集めるテーマであるのかがよくわかりました。(^^)v

 

「腹筋の構造やくびれの仕組み」

 

これらをちゃんと理解することで自分自身がよかれと思って行っているトレーニングを解剖学的な知識に基づいてちゃんと評価出来るようになっていただけたのではないかと思います。

 

本日も新たにトレーニングウエンズデーに参加された方がいらっしゃったので、まずは基本的なトレーニングの意識すべきポイントを指導させていただきました。

 

実際によくある事なのですが、日常の動作の癖でどちらか一方に体重をかける習慣があり左右の脚の太さが違う方がいらっしゃいます。本日初めて参加された方にもこのような状況が見られました。

 

そのような場合、スクワットというトレーニングを例に挙げると脚の太さの左右差が、誰が見ても明らかに違う場合はトレーニング全体を通して必ず太いほうの脚に体重をかけるような動きになってしまっています。

 

見た目だけでは分かりにくい微妙な左右差の場合でも初動の一瞬はほとんどが太いほうの脚に体重を載せようとしてしまいます。

 

この動作の癖をトレーナーが見逃してしまうと、指導された側は一生間違った動作でトレーニングをすることになってしまいます。そして、片側ばかりが強化され太くなり、左右のバランスが崩れてしまい最悪の場合腰痛などの症状を引き起こすことにもなってしまいます。

 

 

以前から午後のトレーニングで通われている中学生のサッカー選手にも同じようなことを以前個人的に指導をさせていただいたことがありました。

 

体型を見れば普段どのような身体の使い方をしているかはある程度わかってしまうので、動作の癖を直さないと「どちら側の対応が苦手なのか」という予測を簡単に相手にたてられてしまいますよ。それが相手の予測通りだった場合、残念ながら相手は確信をもってあなたの弱点ばかりをついてきますよ。それは不利ではないですか?

 

このような切り口から指導をさせていただいたら、その選手は素直に矯正プログラムを実行して下さっています。すべてセルフで行っていただいていますが「トレーニングを理解して実行する」ということさえ徹底していれば必ず結果は出るものなのですね。現在はずいぶんとよくなっています。

 

お話が逸れてしまいましたね。戻します。

 

本日、初めて参加された方にも現状をお伝えさせていただき本来行うべきフォームはこうですよという指導をさせていただいたら

 

「きっついわ~!(^-^;」とのこと。

…ですよね!普段使ってないんですから!(^^)v

 

 

本日は順番に特殊機器を使用した脂肪燃焼プログラムを体験していただきました。皆さんの反応が非常に良かったので見ていて嬉しかったです。

 

スタイルが良くなると表情も明るくなりますね!(^^)v 

 

本日も学びの意識の高い方々と過ごす水曜午前の時間は大変充実したものとなりました。

 

ありがとうございました。

 

<本日の短時間講義の記録>

 

〇腹筋の構造

〇「くびれ」はなぜできるのか?

〇あなたのやっているトレーニングで「くびれ」はできるか?

〇院長の花粉症克服の話

〇食品表示について

〇牛乳とヨーグルトについて

〇その他いろいろ…

 

第4回 TrainingWednesday


令和元年10月23日(水)

第4回トレーニングウェンズデーが無事に終了いたしました。

 

本日も無事にトレーニングウエンズデーを開催させていただきました。

 

今日の共通のテーマは「姿勢とお尻の筋肉の使い方」でした。

 

第4回にもなると初めから参加されている方は基本トレーニングのフォームは固まってきて、微調整をするのみという感じになってきています。継続は力なり。実践することで身についていきますね。

 

まず初めに小さな動作で自分の身体の中で筋肉が動いている感覚を掴んでいただくためのワークを行い、筋肉の動作が意識できるようになった段階でトレーニングの刺激を入れていくという流れで運動指導を行わせていただきました。

 

筋肉の硬さ、関節の柔軟性、バランス感覚など個人差が大きいため各個人の状況を見ながら個々に指導をさせていただきましたが、指導を受けている他人の変化を観察することでヒントを得られた方もいるようです。

 

来院されたときにはトボトボ歩いていた80代の女性が、お帰りになるときにはスタスタと勢いよく前進される姿を見て

 

「変わりましたねぇ~!(^^)(^^)(^^)」

 

と皆さんがおっしゃった時の院内の空氣は素晴らしかったです!

 

日常生活の身体の使い方を見直していく事で怪我はある程度予防できます。

 

普段の身体の使い方がよくなれば、身体の調子はよくなるのです。必然的に。

 

普段の身体の使い方が悪ければ、身体の調子は悪くなるのです。必然的に。(^-^;

 

毒を飲んだら病気になる。これと同じですね。必然です。

 

毒を飲みながら「元氣になりたいんです!でもなれないんです!」という人が目の前にいたら「毒をやめなさい。」としか言いようがないですよね。

 

悪くなるべくして悪くなっている。…にもかかわらず、

 

「何で私の膝がこんなことに…」と原因を自分以外の何かに求めてしまう。

 

「自分の生活習慣を振り返る習慣の欠如」

が症状改善を妨げている事が非常に多いのです。

 

自分の生活習慣を振り返るためにはある程度の「知識」は不可欠です。何も知らなければ振り返りようがないですからね。知識を得たうえで自分の身体で体験を通して自分なりの答えを出していく。あらゆることがこの繰り返しです。

 

答えを出していくのは自分自身です。決して他人ではありません。何も学ばない状態で一切を全て他者に依存する姿勢は危険です。独りよがりでは間違った方向へ行った時に修正がきかなくなるので数名で学ぶ。これは大切な事だと思います。

 

「今日は全身調整をしてから帰ります!」と身体の内部の事まで意識されるようになった方もいらっしゃいます。

 

「予防という観点を自分の身体を捉える際に持つ。」

 

これは大切です。

 

本日も学びの意識の高い方々と過ごす水曜午前の時間は大変充実したものとなりました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

<本日の短時間講義の記録>

 

〇ミトコンドリアって何?

〇細胞膜についての復習

〇エネルギーがどうやって生まれるか

〇エネルギー産生に普段の食事がどのように関わっているか

〇3大栄養素の摂取だけで大丈夫ですか?

〇ビタミンB群

 

第3回 TrainingWednesday






令和元年10月16日(水)

第3回トレーニングウェンズデーが無事に終了いたしました。

 

本日、無事に第3回トレーニングウェンズデーを開催させていただきました。

初めて参加される方も多く、皆さん熱気ムンムン、とても元氣でしたね!

 

本日もまずは基礎トレーニングのフォームチェックからスタートです!

 

前回、前々回と連続してご参加されている方の意識の変化はやはり大きいですね!(^^)v

乱れたフォームを自動修正するための思考回路が構築されていました!

 

「日々の積み重ね」

 

この大切さ、そして変化の大きさに驚きました!素晴らしい!(^O^)/

 

本日はトレーニングにおける「意識することの大切さ」を中心に実技指導をさせていただきました。

傍から見ていたら全く同じ動作でも、本人の意識の向け方次第で「負荷のかかり方」も「負荷のかかる場所」も全く違ったものになってしまうということをワークを通して学んでいただきました!

 

「意識のコントロール」

 

トレーニングに限らず、あらゆる瞬間で「どこに・どのように」意識を向けているかということは、自分自身を取り巻く環境に大きく影響を及ぼしています。

 

意識を向けなければ見えなかったり、感じ取ることが出来なかったりすることは多いですよね。

 

意識を向ける事で感じ取ることが出来た事は経験として蓄積されていきます。

 

この経験の豊富さが人生の豊かさにも直接つながってきます。

 

「ボーッと生きてんじゃねぇよ!」とテレビで言ってる5歳の女の子がいますが、あの言葉は自分自身の日々を振り返るにあたって氣付きを得られる大切な言葉だと感じています。(^^)

 

 今日は氣功の体操を少しずつ織り交ぜながらのトレーニングセッションでした。

 

副交感神経が優位になりすぎて、講義の時の皆さんのトロ~ンとした表情が印象的でした。(^^)v

今度から癒しの氣功体操は講義の後にしましょうね。(^-^;

 

簡単な体操ですが、意識をコントロールして自分の中にあるエネルギーを感じ、全身を満たしていく事でちゃんと自分自身を癒すことが出来るという事がわかっていただけたと思います。

 

見える世界も見えない世界も体験を通して感じる事で経験を積み重ねていきましょう!

 

本日もありがとうございました!楽しかったです!(^^)v

 

<本日の短時間講義の記録>

 

〇トレーニングにおける「負荷」について

〇「超回復」とは何か

〇「オーバートレーニング」とは何か

〇日常生活における中殿筋の働きと鍛え方

〇なぜサイドステップが転倒予防になるか

〇細胞における油の話

〇オメガ3と分類されている油を比較してみると…

〇トランス脂肪酸の恐怖

 

 

 

第2回 TrainingWednesday





令和元年10月9日(水)

第2回トレーニングウェンズデーが無事に終了いたしました。

 

本日、無事に第2回トレーニングウェンズデーを開催させていただきました。皆さん、元氣でしたね!

 

「自分の身体は自分で創る」

 

この事の大切さをちゃんとご理解いただけた方たちのエネルギーは素晴らしい!ご指導させていただいてこちらまでエネルギーに満ちてくるのがわかりました!ちょっとだけ氣功の体操をメニューに入れたのも良かったかもしれないですね!(^^)v

 

今日はトレーニング後の全身調整をされた方もいらっしゃいました。細胞が喜びますね!

 

本日も行ったのは「自分の身体を自分で管理する」という「当たり前のこと」を当たり前に行う。ただそれだけです。そのための手段をいろいろとお伝えさせていただきました。

 

「当たり前のレベルがその人の健康レベルである」

 

この「当たり前」のレベルを向上させていくにはまず「知る」ということが大切です。知らなければ判断など出来ないからです。知った上で次に大切なのは実践する事。これが誠に大切です。

 

様々な事を知り、判断の材料を集め、自分で判断し、決断し、行動する。

 

その行動の結果を経験として蓄積していく。その繰り返しの結果が「今」ですよね。

 

本日来院された方々とお話をさせていただいていると、ちゃんと「今」を認識していらっしゃる。だから非常に心地良い時間が流れていたのですね。(^^)v

 

〇ジャンクフードばかり食べていたら体調を崩して病気になった。

 →当たり前のレベルがその人の健康レベルである。

 

〇普段適度な運動を行い、適切な栄養を摂取し、適切な睡眠をとっているから元氣だ。

 →当たり前のレベルがその人の健康レベルである。

 

極端な2つの例を挙げましたが、私は当たり前のレベルを後者に合わせたほうが、日々が充実すると思うのです。ご縁のある方には充実した日々を送っていただきたいと思うのです。

 

 

<本日の短時間講義の記録>

 

〇膝関節の解剖学

〇ヒラメ筋と腓腹筋

〇細胞と油の小話

〇マグネシウムの小話

〇日本の伝統の小話

〇油と花粉症の小話

〇院長の花粉症体験記

 

 

第1回 TrainingWednesday


令和元年10月2日(水)

第1回トレーニングウェンズデーが無事に終了いたしました。

 

各々が自分の身体は自分で創る。これを可能とするため普段のセルフトレーニングでは意識されていない細やかなポイントを少しずつ修正していく事で「より効果的なトレーニングをしていただけるように」ということを目的とした今回の企画。まずは良いスタートを切れたと感じています。質問をいただきながらそれにお答えしていく形でトレーニングを進めていく方法は皆さんの一体感が生まれていいものですね。自分以外の参加者の質問から自分自身の身体創りのヒントを得られるというメリットも感じていただけたのではないかと思います。

 

「きつかった~!でも、ちゃんと筋肉を使えた感じがします。」

 

これは参加された方のトレーニングセッション終了後のお言葉です。(^^)v

 

新しくメニューを増やしたわけではありません。

 

普段行っていたメニューを

 

「理解して」・「意識を向けて」・「正確なフォームで」

 

行っていただいただけです。

 

トレーニングはどのように行うかで効果が全く異なります。

 

「運動をしただけなのに姿勢が整った!首が伸びたわ!」

 

こういうお言葉をいただけると嬉しいですね。(^^)v

 

 

<本日の短時間講義の記録>

 

〇自宅で簡単にできる身体を緩ませる方法

〇姿勢とふくらはぎの関係

〇肩甲骨の動きを立体的にイメージする

〇女性と男性の膝関節について

〇膝関節に負担がかかるメカニズムについて

〇筋肉の収縮について

〇古傷などがあり動かせない関節がある場合のトレーニングの注意事項

〇ゴルフスイングで使われる筋肉とトレーニング時に意識するポイント

 

 


トレーニングウェンズデーについて

10月は水曜日の午前中は「トレーニングをするため」だけに院内を使用します。

 

効果を上げるためのフォームや負荷の確認を細かく行います。

 

治療で来院されている方に対する筋力強化のメニュー作成、フォーム確認など。

 

ご自身の自然治癒力を向上させ、自分の身体は自分で管理する。

 

そのための具体的な方法を一緒に学びながら実践していただきます。

 

この時間帯は運動指導に特化して行います。通常施術は行いません。

 

「全身調整」によるコンディショニングはご利用可能です。

 

 

 

完全なマンツーマン指導をご希望の方は

 

「パーソナルトレーニング」をご予約下さい。