新型コロナワクチンを接種された方に対する施術についてお伝えいたします。

現在、当院は新型コロナワクチンを接種された方に対する施術を見合わせております。

 

最大の理由は院長、スタッフ、ご来院いただいている皆さんの体調管理のためです。

 

皆さん、身近でこんなことは聞いたことがないでしょうか。

 

「新型コロナワクチンを接種された方と接していると様々な症状が現れる。」というものです。

 

この手の情報は「デマ」、「根拠不足」とメディアで報じられていることが多いのは十分承知しておりますが、院長である私自身が「接種された方」と実際に接していた時に、「因果関係は不明ですが」15分ほどお話をしていると非常に高い確率で空間に違和感を感じて氣分が悪くなるのです。もちろん全員ではありません。

 

様々な情報を取得しているから起こる精神的なものである可能性も否定出来ませんが、あまりにも高確率であり、施術に影響が出るほどの不調をきたすことも少なからずあるのです。その後はすぐに回復しますが、なんとも言えない後味が残るのです。

 

当院で施術を受けられたことのある方はご存知だと思いますが、当院の施術手法は遠隔による身体観察、また遠隔施術も場合によっては行われる「空間」を読み解く(非常に表現が難しいのですが、体験者の方はご理解いただけるかと思います。)という要素の強い施術方法であるため、空間の違和感を非常に敏感に察知します。それが「ワクチン接種」に起因しているという証明は出来ませんが、「高確率で体調に違和感が起こる」という事が何度も繰り返し発生したという事実があるのです。

 

「氣にしすぎよ!」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

私も「氣のせい」として片付けたいのは山々なのですが、「もしワクチンに起因する症状であったらどうする?」と考えた時に、来院される非接種の患者さん、スタッフの健康にとって決して良い状況ではありません。現に「接種された方と長時間一緒に過ごして体調が崩れた」というようなお話は来院されている方々からもお聞きすることがあるのです。

 

政府の発表によると「ワクチンは時間が経つごとに効果は薄れてくる」というものですから、これに期待して最後のワクチン接種から一定の期間が経過した方に対してはいずれ施術の再開の可能性はありますが、現在は未定です。

 

以前から来院されていた方から施術依頼のご連絡をいただき「ワクチン接種」を理由に施術をお断りするというのは私も断腸の思いですが、この「接種者と一定時間近距離で接しているときの空間の違和感」は自分でも恐怖を感じるほど。看過できない状況であります。

 

ご理解いただければありがたいです。

 

「接種者」も接種動機は周りに感染させたくないとの善意。

 

「非接種者」も非接種動機は周りに感染させたくないとの善意。

 

多くの場合「善意」をもとに選択がなされています。

 

ただ不足しているのは「正確な情報」これだけです。情報が不正確である以上、最も頼りになる判断指標は事実のみ。

 

この騒動が収まり、穏やかな日々が戻ってくることを心より願っております。

 

「ワクチン接種」を理由に私が施術をお断りした皆様。本当に申し訳ありません。

 

施術をしたくない訳ではない。ベストコンディションで施術ができないのです。ご理解ください。

 

 

 

 

接種された方に対する施術再開については現在未定ですが、再開の際にはホームページにて告知させていただきます。

 

 

公開できる情報は限られますが、「私の感じる空間の違和感」という頼りないものでなく、施術を実施することができない様々な理由も以下のページに記述させていただいております。公開されている厚生労働省発信の事実に基づいた情報を中心に以下のページに諸々掲載しておりますのでご覧いただければと思います。皆さんが様々な情報を分析し、より安全な選択をし、健康状態を保たれますように。

 

「新型コロナワクチンを接種された方に対する施術について」