保険施術

当院は国家資格を保有する整骨院であるため、保険の適用は可能です。ただ、保険施術の性質上「部位」によって人体を分けて考えざるを得ない窮屈さから、出来ることがかなり限定されるためあまりオススメはしていません。(人体は全てで一つであるというのが当院の基本的な考え方であり、それをベースに施術を発展させてきた経緯があるため。)また同じ負傷に対して整形外科など医科との同時通院の場合も保険適用は不可能であり、保険適用の条件に関しては他院に比べて非常に厳格であると多くの方から言われますが、当院が特別厳格であるわけではありません。

急性外傷であること。(当日・前日の負傷)

◯今日、階段から落ちて腰を強打しました。

◯今日、サッカーで足首を捻りました。

◯今日、稲刈りをしていてぎっくり腰になりました。

 

上記のような原因の明確な「怪我」のみが保険施術の対象です。

 

怪我をされた場合はすぐにご連絡ください。初期対応が早ければ早いほど治癒までの期間は短縮される可能性が高い。これは臨床経験に基づく事実です。

同じ負傷に対して病院と同時通院は不可能です。

上記の通りです。(整骨院も同様です。)

 

「やはり心配だから」・「監督にレントゲン写真は撮っておけと言われたから」などなど、様々な理由で病院で患部のレントゲン写真を撮っておきたいという声は現場で多くお聞きします。

 

まず、怪我をされた場合にはすぐにご連絡をいただき、患部の状態を確認させていただいた後、患部の画像診断があった方が良いと私が判断した場合はその理由をお伝えいたします。その必要はないと判断した場合にもその理由をお伝えいたします。

 

病院での診断後は怪我の治療は病院の管轄となるため、当院での施術は自費施術となります。

 

2週間我慢していたんだけど、痛みが引かない。

上記のような理由での来院はたとえ負傷原因が明確な外傷(階段から落ちたなど)でも保険適用は不可能です。怪我をされた場合はすぐにご連絡ください。