· 

マグネシウム、また雑誌で紹介されました!

「美」と「栄養」は密接に関係しています。当院で全ての患者さんに一度はお勧めするようにしている人体に必須のミネラル「マグネシウム」。当院で定期購入されている方も多くいらっしゃいますが、また女性美容誌に掲載されました。

 

当院の「からだづくり」の基本「運動・栄養・休養」の3本柱の一角「栄養」部門で最重要と位置付けているのが「マグネシウムの摂取」です。これが欠乏している段階で、身体の機能は本来の状態からはかけ離れた状態になっている。調子がよくなる訳がないのです。このことだけは何度も何度も言わせていただきます。摂取していなかった方が摂取を始めてから「〇〇が変化したんです!」という声は枚挙にいとまがありません。当院ではあらゆる事が「ミトコンドリアの活性化」を意識した形で存在しているということは以前ブログでも書かせていただきましたが、なぜ「ミトコンドリアの活性化」にこだわるかといえば、ミトコンドリアがエネルギーそのものを生み出すからです。エネルギーが少なくなれば「老化」し、エネルギーに満ち溢れた人は総じて「若い」。当たり前のことなのです。

 

ミトコンドリアはATP(アデノシン3リン酸)というエネルギーを生み出します。当院へ定期メンテナンスに来院されている方は何度かミニ講義形式でお伝えしているのでもうご存知だと思いますが、ATPは体内でMg(マグネシウム)と合体して複合体という形になって身体のあらゆる部分に運ばれる仕組みになっています。これだけでもMgが如何に大切かがおわかりいただけると思います。

 

マグネシウム欠乏状態でスポーツの試合に臨むアスリート。本当に残念です。本来持っている100%の能力を発揮することは不可能でしょう。マグネシウム欠乏状態で身体の回復を願うアスリート。本当に残念です。エネルギーが身体の隅々に行き渡らない状態で効率の良い回復が行われるでしょうか。不可能です。アスリートに限らず、体調不良の原因がマグネシウムをはじめとする「必須ミネラル不足」にあるという例は本当に多い。「原因不明で・・・」と闇雲に不安になるよりは自分自身の体内のミネラルバランスに想いを向けてみてはどうでしょうか。本当にミネラルバランスが崩れた方の多さに驚きます。ミネラルというものに対する「軽視・無知」が如何に自分自身の体調を損なうか。学べば学ぶほどわかってきます。奥が深く、有益な学びの分野です。

 

アスリートとして競技の世界に身を置いている選手で、ミネラルを無視し、ひたすら筋トレしてプロテインを飲んで・・・こんな「体づくり」を容認しているとしたら、直ちにご自身の栄養摂取を見直す事をお勧めいたします。まだまだ眠った才能が目覚める可能性がありますね。

 

アスリートでなくとも、自分自身の日頃の栄養摂取を見直すことで、今まで当たり前だと思っていた体調不良が改善することなど頻繁に起こりうることなのです。まずは知ること。そのために学ぶ姿勢を持ちましょう。学ぶ姿勢にあふれた方々に囲まれて健やかな日々を送らせていただいていることに感謝いたします。