日々、体軸づくり(腸腰筋の機能改善)

本日の一言です。

 

「先生、なんだか脚が前にスッスッと出るようになってきてます。」

 

素晴らしいですね。今日はこの「スッスッ」の理由について少しだけお話しいたします。足を前に出すためには太ももを持ち上げなくてはなりません。太ももを持ち上げる筋肉の代表とも言える筋肉「腸腰筋」。有名ですね。

 

図を見てくださいね。腰の骨から太ももの骨に向かって走る筋肉、これが「大腰筋」。そして骨盤の内臓側から太腿の骨に向かって走る筋肉、これが「腸骨筋」。二つ合わせて「腸腰筋」という訳です。これが名前の由来です。

 

この筋肉は太ももの骨を腰の骨に向かって引っ張り上げます。引っ張り上げる力が強ければ強いほど「歩幅」が広がります。「スッスッ」にはこの筋肉の機能改善が考えられますね。歩幅が狭くなってくると、どうしても「前かがみ」の姿勢となり頭が前に出た猫背のような姿勢になりやすくなります。

 

「私の猫背、治りますか?」

 

という方に対しても「体軸づくり」をお勧めするのは、土台が崩れていれば「いくら肩や首をほぐしたところで元に戻る」からです。姿勢不良の根本から改善していけば必然的に不調を起こしにくい体になります。根本原因はどこなのか。痛みや不調を感じているところが本当に悪いのか。それを考えるにあたって次の考え方は外せません。

 

体は「すべてで一つ」。当院の大切にしている考え方です。「筋肉」、「骨格」、「神経」などの話だけでなく「波動」だ、「氣功」だ、「量子力学」だ、といったことも全部引っくるめて「すべてで一つ」。様々な言葉が施術中やトレーニング中に飛び出しますが、「そういうもの」と素直に思っていただけると助かります。

 

「え〜!なんでそんなことが起こるの?」という質問をいただくことがありますが、起こったことに対する後付けの説明となってしまいます。しかし、「宇宙の法則」ではこういうことも起こるのかもしれませんね・・・実際に起こっちゃいましたからね・・・というところから色々と不思議な実例を含めてお話をさせていただくこともあります。・・・諸々の不思議現象のことはまた別の機会に(これはブログでは無理かもしれません)。

 

「コロナを治してください!」←無理です。たまに冗談で無茶苦茶なことを言われます。自分自身で免疫力を高める。ワクチンに頼るよりもまずはそれが確実だと私は思います。免疫力向上の方法は調べればいろいろありますよ。

 

それぞれのペースで、息が切れるほどのしんどさを伴う訳でもなく、やれば確実に動作を改善する。空間にも特殊な仕掛けを施した院内で「体軸づくり」。健康な身体を作りましょう。運動不足は免疫力低下の大敵です。