コロナイフ5

先の見えない時代に「もし・・・?」を考えるのは大切なことだと思います。正解の見えない状況で様々なことを考え、行動する。その中で様々な事を学び、進んでいく。より良き日本になることを祈ります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

参考までに本作中にあった「PCR陽性者≠感染者」という厚生労働副大臣の発言が確認できるYouTubeのURLを記しておきます。「https://youtu.be/uH33nqBxEag」興味のある方は是非ご覧ください。(前半にはPCR検査についての簡単な説明もあり、全部で約15分の動画ですので、出来れば全てご覧いただきたいところですが、問題の発言については「7分〜8分」のあたりに収録されております。)

 

これが厚生労働省の公式の見解ということです。訂正されていない以上、公式の見解です。これを見て、皆さんどのようにお感じになりますか。

 

感染性を確認するために、PCR検査を受けているのではないですか?

 

感染が怖いから子供にまで接種させようとしているのではないのですか?

 

PCR陽性で「元氣なのに隔離された。」という方を私も何人か知っています。

 

これらの方達の隔離により失った時間はどうなるのですか?

 

陽性判定が感染性を証明しない検査を強要される理由はありません。

 

この公式見解も知らずにテレビ報道を鵜呑みにする。この危険性については早急に考えなくてはなりません。厚生労働省の「新規陽性者数」のデータを基に発表されるデータなら少なくとも新聞・テレビ報道では「陽性者」という表現を正確に使用するべきだと思います。それがなされないのであれば、情報を受け取る側が情報を精査する能力を高めるしかありません。

 

稚拙な漫画ですが少しでも皆様の考えるきっかけとなれば幸いです。