日々、遠隔づくし(溶接?)

階段から転げ落ちて足首を捻挫。「M S」では様々な部位の施術が提示される。驚いたのは「溶接」の提示。靭帯損傷に対する技術として使えるのではないかという前向きな感覚を得る事ができた。歩けるようになってよかった。

 

首の痛み、可動域制限に対しては「I M」の提示。より細かく、「左は棘上筋の強化」の提示。「右は棘下筋を緩める」の提示。患者さんの「動きます。」の声に安堵。「I M」は意識だけでなく、物理的にも完全なる遠隔。本当に神秘的だ。人間はすごい。