日々、遠隔づくし(左肩・左ふくらはぎ)

「M S」で様々なポイントが提示される。左肩の痛み。「LSGP]ー「LKIP」ー「左菱形筋」ー改善。ふくらはぎに引きつけるような痛みが出る。「LIP」ー「HEP」ー「4」ー「5」ー「左腸脛靭帯」ー「TOP▼」ー「DEC」ー改善。身体に出る様々な症状は様々な要因が複雑に関係している。「M S」で提示される順番にどのような流れがあり、意味があるのか。定期的に来院されている方はパターンのようなものが見つかる傾向にある。しかし、このパターンはその日の出来事、それに伴う体調の変化に大きく影響を受ける。患者さんによってはポイントを言い当てる方が出てくるから驚きだ。