日々、遠隔づくし(右足関節捻挫)

21日負傷。過去2度の施術で本日3度目。1度目の施術(21日)で歩行不可の状態が歩行可能に。2度目の施術(22日)で立位での動作はほぼ問題なし。本日(25日)は完全にしゃがんだ時の不安定感と荷重時痛を取り除いて欲しい、「地域のクリーン作戦があるので。」との要望。モチベーションが素晴らしい。「M S」で様々なポイントが提示される。「美顔・美髪」ー「右外果骨膜」ー「右前距腓靭帯」ー「I M:右足関節側方動揺除去サポーター」ー「I M:前脛骨筋」ー「L I P」ー「DEC」ー「右足底腱膜」ー「4」ー「DIA」ー「右外側広筋」ー改善。「全然グラグラしない!」「先生、ジャンプしてもいいですか?」…やめて下さいと即答しましたが、「ジャンプ出来そうです!」との強い要望により結果は自己責任で…という条件のもと、いざジャンプ。「全然大丈夫です!」との事ですがやはりほんまかいな?と思ってしまう自分がいます。「ブログに書いてもいいですよ!本当のことだから」とおっしゃられたので今、書かせていただいています。捻挫の改善後にほとんど全ての方が「ジャンプ出来そうです!してもいいですか?」とおっしゃるのは法則と言ってもいいですね。「走ってもいいですか?」とか…。波動的には大丈夫だろうと思いながらも、見ている方は結構ヒヤヒヤしています。心臓に悪いです。非常識な現実を追求するのは楽しいですね。施術中に皮下出血斑の色がみるみる変化していくのは興味深かったですね。身体の内部で自然治癒力が働いているのを目撃したような氣がします。