日々、遠隔づくし(右前腕の痛み、頸部の可動域制限、サイドステップ時の左膝の痛み)

社会人野球選手。右前腕の投球時の痛みがあります。M Sで提示されたのは「右前腕波動エネルギー」。楽にはなりましたけど、まだ肘の内側が引っかかります。M Sで提示されたのは「心臓P」。施術後、「よくなりました。全然痛くないです。何で心臓なんですか?」との質問。「わかりません。そういうものです。」と返答。めでたし、めでたし。

 

首の動きが悪いんですけど。M Sで提示されたポイントは「I M:左肩甲挙筋」。施術後、動作は一部改善。「さっき、左肩のこの辺りに施術されていました?なんか熱いんです。超音波治療器を当てられてるような感じです。」とのこと。「I M」は実際には身体に触れずに遠隔で行うためこのような感覚に対するご質問をいただくことはよくあること。その後、残った可動域制限をとるために「M S」をかけると「右胸鎖乳突筋」。左側に「M S」をかけても反応なし。なぜ右側だけなのかと言うことはここでは書けないがちゃんと解決した。施術後「めっちゃ動きます。」とのことでめでたし、めでたし。

 

サイドステップをするときに左膝の内側とスネの外側が痛いんですけど。M Sで提示されたポイントは「右梨状筋」・「左内側ハムストリング」。施術後、まだ痛いっすねぇ〜。再びM Sをかけると、「左副腎P」。施術後、「マジっすか。全く痛くない。何ですかコレ?」。「わかりません。そういうものです。」と返答。わかりませんとお答えしたものの、一応施術の流れの見解を必然と仮定した場合の私なりの見解をお伝えさせていただいた。納得していただいた模様。めでたし、めでたし。