日々の4コマ(工場長、岡山県議会を見る。)

岡山県議会インターネット中継:令和3年9月定例会 9月28日

http://www.okayama-pref.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=1219

 

健康不安、経済不安、このままいけば、岡山はどうなるか。国はどうなるか。

 

このような憂いに対して、様々な事例を挙げながら、テレビでは報道されない事実をもとに質問される小田県議の姿に感服致しました。岡山県からこのコロナ禍を脱却するための案を中央へ届けてほしい。このままでは県民の生命が脅かされる状況が出口の見えない状態で続いてしまう。この状況を何とかするために岡山県のリーダーに現状がどのように見えているのかを質問する形で一般質問が行われています。

 

知事のこの質問に対する回答については皆さんご自身でご覧になってご判断いただければと思います。テレビで言わない事に対してメスを入れるという事がどういうことかを理解した上で、これだけの質問を公の場で知事に対して行なったという事実は極めて大きいと考えます。中央が動かないのであれば地方から動く。多くの県民の命がかかった大問題に対して素晴らしい一般質問がなされています。岡山県民なら必見の議会映像です。ここに岡山県が進むべき道のヒントがあると言っても過言ではない。そう言い切っても良い。それほど大切な一般質問です。県民が変わらなければ、今の現状は何も変わらない。考えるために必要な基本情報多数。考えるキッカケの宝庫ともいえる一般質問。ぜひ、ご覧ください。

 

多くの戦国大名は戦に敗れた際は自分自身の首と引き換えに民の命だけは助けてほしいと敗れた相手に対して懇願する。このような場面を描いた歴史の場面を人生において多く見てきた氣がする。武将の氣概。自らが率いる集団のために命をかける。多くの人が自らが率いる集団のために今この瞬間も命を張っている。この漫画の工場長も然りでしょうね。