2020/12/05
「美」と「栄養」は密接に関係しています。当院で全ての患者さんに一度はお勧めするようにしている人体に必須のミネラル「マグネシウム」。当院で定期購入されている方も多くいらっしゃいますが、また女性美容誌に掲載されました。...

2020/12/04
今日も皆さん、しっかりと身体を刺激していましたね。老若男女、それぞれが目標に向かって効率よく身体を鍛える。これは大切なことですよ。長くやればいいというものではない。身体に対して目的とする刺激が入っているかどうか。これが最も重要です。巷でよく言われる「〇〇のトレーニングを〇〇分やればいい。」というのはあまりにも雑な表現だなぁ・・・といつも感じています。これこそ個人差をちゃんと考慮すべきですね。整骨院ですから、必要のない無駄なトレーニングで怪我をしてしまった人も来院されます。「要りますか?その運動。」というものをなるべく減らしましょう。時間の無駄です。 現状よりも目標が高い位置にあるならば少しずつ負荷を上げていく。怪我をしない程度に少しずつです。 ある程度自分の求める体力が身についた場合は、現状維持のためのメニューに切り替える。これも大切です。ボディメイクをしているときには特に重要で、少しずつ負荷を上げていくと負荷に耐えられる自分が楽しくなって、氣が付けばトレーニングの量が増えて自分の思った以上にムキっとなってしまった。ちゃんと意識して身体を作っていかないと意外とこのようなミスが起こるのです。ボディメイクをちゃんと考えるなら繊細さも必要です。目的が「ムキッと」ならいいですよ!日常生活は確実に楽になりますからね。 「米袋が持てなかったのが今は余裕で両手に持てます!」こんな素晴らしい報告をお聞きすると嬉しくなりますね。

2020/12/03
当院では定期メンテナンスで施術を受けられている方の「うしろすがた」を記録させていただいています(希望者のみ)。「うしろすがた」に表れるその人の健康状態というのは本当に多岐に渡ります。骨格の歪みなどの物理的な現象だけでなく、その人のエネルギー状態が如実に表れてしまう。それが「うしろすがた」です。「うしろすがた」が美しい人は大体元氣です。少なくとも姿勢の乱れから来る精神的、肉体的な不調とは無縁です。元氣のない人の後ろ姿は猫背氣味である事が圧倒的に多く、本人が「自分は元氣だ!」と思っていても、他人からは「元氣がなさそうな背中の人」に見える。これはちゃんと意識しておいた方がいい現実だと思います。自分の「うしろすがた」は自分には見えません。日々、鏡に映る自分の姿を見て「ニコッ」としてみたり、「キリッ」としてみたりすれば、鏡の中の自分は変化します。鏡を見るときは「こう見られたい自分」という要素が必ず入っているため、朝、鏡に映った自分の姿が目の前の他人に同じように映っている保証など全くありません。ましてや背中など日常的に見ることもない。 普段自分の背中など意識せずに生活している人が、自分の背中を撮影されて、写真に映る自分の「うしろすがた」を確認する。そうすると、「イメージと違う」と言われる方はほとんどです。しかし、この姿が実際に他人に見えている「うしろすがた」です。この背中は「体調悪そうだわ・・・」と自分の体調不良に妙に納得がいく方もいるでしょうし、「これはイカン。」とトレーニング・栄養改善に身が入る方もいるでしょう。まずは現実を見て、そこから対策を考える。これが当院の基本です。 継続して定期的に記録を残すことで、以前の自分と現在の自分を比較する事ができるのはトレーニングや施術、栄養改善などの効果を確かめるのにいいですね。定期メンテナンスで来院中の方でご希望の方はお申し付けください。オリジナルカルテにて継続記録をさせていただきます。

2020/12/03
本日も皆さん元氣にトレーニングされていましたね。トレーニングの後に施術を受けられる方、トレーニングだけで来院されている方。それぞれに必要な刺激をご自身の身体に与えた後はちゃんと休ませる。この大切さがわかっていれば「オーバートレーニング」にはなりません。競技の世界に身を置いているわけでもないのにオーバートレーニングになるほど自分を追い込む方は稀ですが、一生懸命ハードトレーニングをしているのに効果が実感できないわ・・・しんどいわ・・・という場合はオーバートレーニングを疑っても良いですね。ただ、当院でオーバートレーニングの方は見た事がありません。「しんどいわ・・・」という場合、ほとんどは運動不足によるただの体力不足です。(笑)だんだん強くなるから大丈夫です。オーバートレーニングは心を病んでくる事が多いので、そんなスポーツ選手を見かけたら周りが適切なアドバイスをしてあげることも大切ですね。「栄養」と「休養」に対する理解もなく、練習で、ただ「追い込む」ことばかりをコーチに強要されるようなスポーツチームの選手に怪我が多いのは当然なのです。すべてはバランス。コーチが選手の事を考え抜いて素晴らしいメニューのトレーニングを提供してくださっているのに選手が「栄養」・「休養」について理解せず軽視して、ジャンクフードを食べて、夜はゲームをして・・・という状態だとなんでもないことで怪我をする弱い選手が出来上がります。個々人の賢さが必要なのです。しっかりと学びましょう。

2020/12/02
定期メンテナンスで通われている方で、玄関を定期的にメンテナンスして下さる方がいます。今日は氣がついたら玄関がクリスマスになっていました。本当にありがたい。私が玄関に出ていくと、「先生は氣にせんでもええよ。私がやりたいから勝手にしてるだけだから。ハイ、先生は中に戻って施術してきて!ここは勝手にしとくから。」と黙々と玄関を整えて下さります。本当に感謝しております。たまに休み明けに来てみたら玄関の植木が変わっている事があるので驚きます。当院はクリスマスでなくともサンタさんが来てくださっています。すごいことですね。(笑) 「やっぱり私は週に2回くらい筋トレに来た方が調子がええわ!1回飛ばしたら筋肉が落ちるのが最近よくわかるわ!」この感覚。だんだん研ぎ澄まされてきましたね。良い状態の自分を知ると、そこから機能が低下したことに敏感になります。だから良い状態を保つために運動するモチベーションが上がるのです。自分の身体についていろいろな情報をキャッチできるようにしておくことは、ピンピンコロリには必須の能力ですね。「家ではやりません。」とこの方もキッパリおっしゃいます。氣持ちがいいですね。

2020/12/02
そりゃえらいでしょう。えらいトレーニングをしているのですから。70代でも効果を出すための根拠に基づいたトレーニングを継続すれば、強くたくましくなるものですね!姿勢もよくなってきたので、発揮されている力がすごいパワーです!軽い負荷のトレーニングをちょろっとやったくらいで身体の変化が目に見えてわかることなどほとんどありません。適切な負荷をかけて身体が変化するのに必要な刺激を入れていく。それが当院の「からだづくり」です。皆さん、エネルギッシュですよ!「やっぱりピンピンコロリがええからなぁ。」私もそう思います。長生きはただの結果です。元氣にこの一瞬一瞬を過ごさせていただけていることに感謝ですね。

2020/12/01
当院は開院以来、「運動・栄養・休養」の3本柱の大切さを来院される皆さんにお伝えさせていただいております。「それぞれがなぜ大切なのか?」という問いに対しては「全てがミトコンドリアの活性化に大きく関係しているから」というお答えに行き着きます。当院も院内設置の医療機器、作成させていただくトレーニングメニュー、施術、サプリメントなど、全てがミトコンドリアの活性化を目的としたものといっても過言ではありません。ちなみに「ミドリムシ」ではありません。「ミトコンドリア」です。この二つは全く別物です。 当院で行っていただく「運動」は、一般的なものに比べると「負荷が高い」と感じられる方が多いようです。院長自身が「一般的に」という感覚に対して、ほとんど関心がなく(特定の個人を目の前にしているのに「一般的に」という感覚は意味がありません。「あなたにとってどうなんですか?」という事を重視しています。)、様々な学びの結果として「効果が出る可能性があるか・ないか」という点でしか物事を判断しないため、「効果(ミトコンドリアを効率よく活性化させるであろう効果)が出る可能性のないもの」については積極的に切り捨てていった結果、比較的「負荷の高い」ものが残っていっています。実績で判断するならば、この方針は変える必要はないでしょう。まさに「やればできる」といった感じです。「やるか、やらないか」の判断は個々人に委ねます。 「栄養」に関しては、様々な学びから得た知識を元に「〇〇だけはやめておいた方がいいですよ。なぜならば・・・」と細胞レベルでのミトコンドリアへの悪影響が説明できるものについてはアドバイスをさせていただく事があります。あくまでも聞く耳を持ってくださる方にお伝えするだけで、「余計なことは知りたくないから言わないで。混乱したくないのよ私は。」という方には何も言いません。当院では高品質なサプリメント類も情報提供、販売をさせていただいております。ご質問いただければ説明書的な説明だけでなく「使用者」としての経験もお伝え出来ると思います。当院は院長、スタッフとも必ず院内で販売するものについては自分で使用する。これを基本ルールとしております。自分で使用して効果のないものを販売するのは失礼の極み。そのルールにより淘汰された商品は多数に上ります。「良いものしかオススメしない」が大原則。ほんの数種類のみ「来院される方の要望に応じた形で置いてある商品」もありますが、それ以外は全て使用感をお伝えする事が出来ます。 「休養」に関しては様々な施術を始め、プロスポーツ選手も愛用されている「ハイチャージ」という機器によるケアなどで、皆さん様々な効果を実感されているようです。ハイチャージだけを定期的に受けられる方も多数。当院では全ての方の体温変化のデータを蓄積しているのですが、当院の実績によると体温上昇という現象は非常に高い確率で発生しています。「ミトコンドリアは37度で活性化する」と専門の研究者が記した書籍もあります。「身体が楽になったという体験者の体感」はこのような体温上昇によるミトコンドリアの活性化にあるのではないかと思わせる事実が日々目の前で繰り広げられています。 2020年(令和2年)2月23日(日曜日)の日本経済新聞にも大々的に「ミトコンドリア 若さの源」という記事が掲載されたという事実もございます。 あらゆる体調不良、その先にある各種疾患は結局本人の自己責任で何とか対処するしかない。最近のコロナ騒動にしても、結局我々が「対策として今、何をするべきか?」を考えると「免疫力を向上させるための行動をする。」という事しかないのです。 厚生労働省も「マスクの着用」をホームページ上の「咳エチケット」という項目で周知しています。巷では「感染予防には効果がありません。」とわざわざ表示してあるマスクを着用されている方も多いという現実を見た時、自分自身の免疫力向上に意識を向ける必要性は多くの方が感じられているのではないでしょうか。ちなみにマスクで本当に感染予防をしようとしたときには「N95」と呼ばれる種類のものでなければ効果はないと言われています。このマスクをしている人を何人見た事がありますか。自分自身が生活している環境で自分の体調を管理できるのは自分だけです。知識がなければ対策も取れません。しっかり学んで健康で素晴らしい人生を歩んでいただきたい。そう願うのみです。 以下に厚生労働省ホームページと3Mのホームページのリンクを貼っておきます。参考までに。 厚生労働省ホームページはこちら(咳エチケット) 3Mホームページはこちら(N95マスク)

2020/12/01
今日も皆さん元氣に「からだづくり」です。自分の身体は自分で創る。これを体現されている皆さんのトレーニング風景を拝見すると氣持ちがいいですね。氣持ちが前向きになってくると、あらゆる事を前向きに捉えられるようになるようです。食事についても「○○について教えて下さい。」と積極的な質問が飛んでくるので、とても楽しいですね。自分の身体について積極的に考えるようになると自分の身体を創っている材料である「食事・栄養素」について自然と意識がいくようになります。当然ですよね。自分の材料ですから。そこに対して意識を向けて学び、自分の現在の食生活をより充実したものにする。それが、「からだづくり」の第一歩です。 当院でもマグネシウムをはじめとする各種サプリメントの情報提供をさせていただいておりますが、院長自身が使用して効果を実感したもの以外は皆さんにお伝えしないという方針であるため、総じて高品質なものしか取り扱っておりません。ご自身の身体にとってよりよいものを摂取するということに意識を向けるということは「免疫力向上」が叫ばれる今の時代、とても大切なことだと思います。院内で提供させていただいている各種情報について、ご興味を持たれましたらお氣軽にご相談ください。

2020/11/30
もう、すごいの一言です。95歳、成長中です。もう「老後」という言葉もいりませんね。生涯現役。生きる事を自分の身体に感謝しながら楽しむ。この姿勢を背中で語って下さっています。本当にすごいです。長生きは結果。よりよく生きる。今という一瞬、一瞬の積み重ねを大切にする。本当に尊い生き方です。 前回の記録。 その前の記録。

2020/11/30
当院は「痛みを取りながら、傷みにくい身体を創る。」というテーマのもと外傷に対する施術はもちろんのこと、「運動・栄養・休養」のバランスを整えることによる「からだづくり」をお伝えする事を目的として誕生いたしました。本年で開院12年。来年で13年目となりますが、この基本方針は一切変わっておりません。...

さらに表示する